車は解体後に部品を取るには許可がいります。

seibisi

それまで乗り続けてきた自動車を廃車にしようと思ってから、まだ使えるパーツがあるのではないかと思っても、素人が簡単に手を出して良いものではありません。

 

これは正しく取り扱えるのかが問題になっているのではなく、そもそも法律違反になってしまうケースがあるからです。



使用済みの自動車からパーツ取りを行う際には、解体業の許可なく行うと法律違反になります。

 

これは無許可営業扱いになってしまうのです。

ただし最終所有者の依頼を受けて、カーステレオやカーナビを外すくらいのことなら解体とはされませんので、ここがポイントになります。

最終所有者が自分なら、自分でしようと思った時点で許可は出ているのです。

 

前述したカーステレオやカーナビ程度なら自分で作業しても何とかできる範囲なので、ここまでは大丈夫です。



カーステレオやカーナビを外すときは、気をつけなければならないことがあります。たとえば廃車にしようと思って査定を受け、引き渡す前にこれらのパーツを外してしまってはいけません。

そもそも査定段階では、それらのパーツを含めて進めている話なので、いざ引き渡すときになって状態が悪くなっていては相手も納得してくれません。



いくらお金になると分かっていても、廃車にする車のパーツ取りは、気をつける必要があります。

 

業者とトラブルになるだけではなく、法律違反で罰金を課せられることになったら目も当てられません。

 

これから廃車にしようと考えている人は、この点に注意してください。