素人ながら家庭菜園を成功させるための方法

最近庭に野菜を植えたのですが、そのうちのいくつかは茎が黄色く変色してしまい、挙句の果てに枯れてしまいました。

水を毎日やっていたのですが、それでも上手く成長してくれず・・・

なぜだろうと考えていたのですが、色々と調べた結果、庭の土があまりよくないことに気づくことが出来、それで肥沃な土壌になるよう、インターネットで情報を収集してそれを実践してみたところ、結果的には上手く成長してくれるようになりました!

もともとお金をかけずに野菜を育てようと思って始めた家庭菜園でしたので、どうにかしてお金をかけずに庭の土を肥沃なものにしようと集めた情報に基づいて作業を開始しました。

まず、出がらしのお茶葉やコーヒー豆は肥料になるようで、それらを使用することが望ましいという情報を得たので、早速そうしました。

出がらしをそのまま土に置くならハエや野生の動物が集る恐れがあるために、それらをきちんと土に埋めました。

また野菜や果物の皮なども肥料として用いることができるらしく、それらは一度乾かして水分を飛ばしてから土に埋めるとよいと教わったので、そうしました。

これらを実践してから月日が経ちましたが、庭の野菜は元気に育っています。これまで捨ててしまっていたものを利用して庭の野菜を元気に育てることができたことに非常に満足しています。