簡単においしい栗きんとんの作り方

kurikinton

私は昔から正月には毎年栗きんとんを作る係だったのですが、

最初の頃はさつまいもの処理にとても時間がかかっていましたし、

どこか苦味のあるような味だったり色だったりしました。

市販の栗きんとんとの差があまりにも大きかったのでネットで少し調べてみて、

とても簡単に美味しくできる栗きんとんの作り方を発見しました。

 

①さつまいもは切った時に、輪の中にもう一つ輪のように白い粒粒が円を描いているのがわかりますか?

 

その白い円の外側に灰汁や黒ずみの成分が入っているらしいのです。

 

皮を分厚く切ると普通の野菜や果物なら損した気分になりますが、その気持ちを堪えて白い円を目安に包丁を入れます。

 

②すっかり剥けたら、さつまいもは少し細かく切るのが時間短縮のためのコツのようです。

 

目安としては、手の親指の爪よりもやや大きいくらいにカットするのが手間もかからずこの後の処理も楽になります。

 

③それが終わったら水に浸して灰汁を取り、容器に入れてラップをかけレンジで5分ほど温めます。

 

十分な柔らかさになったら鍋に入れて少し潰したら栗の甘露煮の水飴を入れて、弱火で20分ほど加熱しながら固形の芋を潰していきます。

 

芋が完全にペースト状になったら完成で、そうしたら残しておいた栗を投入します。

 

これで見た目もよく、まろやかな栗きんとんが簡単に作れるというわけです。