手土産は事前にゆっくり選んで準備

実家への帰省時や、年末年始のご挨拶の時はもちろん、ちょっとした訪問や久しぶりに友人と会う時に手土産は欠かせないものです。

omiyage


直前になって慌てて、『あー、あそこのお菓子もっていきたかったけど…』とか、『あれを今度持参したいと思ってたんだった…』とか、ばたばたと間に合わせることがよくあり、
納得していないままお相手に渡したりして、気が重かった経験が何度もありました。
そんな経験から、気持ちや時間に余裕があるときに、どんな手土産をもっていくかいろいろ考えたり、下見しておくことを心がけるようになりました。

 

なので、普段から話題のお菓子や評判のモノなどをいくつか探しておいたり、会話の中で『あんまり甘くないのが好みだ』とか、『辛いものは苦手』とか相手の好みをしっかり記憶ししておくようにしています。

 

そしてゆっくり、その人のことを思いながらあれこれお店を見て回ったり、ネットで検索してみたり事前に品定めしておくのです。

 

 

選ぶポイントは、高価すぎない気軽に買えるもので、かつ質のいい、上等なものを探します。

 

相手の家族構成や好みによっても多少違ってはきますが、共通しているのは、自分ももらってうれしいもの、というのを贈るのが失敗しないと思います。

 

意外と自分では買わないものだったり、量は少ないけど上質なモノだったり、そこでしか買えない特別なモノだったり、相手の好みにあったモノを見つける買い物もまた楽しいし、相手に喜んでもらえる嬉しさもあって、お勧めです。