トラックボール式マウスで手の負担を減らす

ballmouse
私が愛用している、親指で動かすタイプのトラックボール式マウスについて紹介したいと思います。

 

トラックボール式のマウスは普通のマウスと比べてどのように違うかということについて何点か説明させていただきます。

一つ目が、親指によりカーソル操作をするため、手自体を動かさなくても良いという点です。
これにより、手の負担を減らすことができるというメリットが生まれます。

 

通常のマウスを操作している際に手の筋肉は思ったより使われており、長時間使い続けると腱鞘炎になることがよくありました。

 

それと、私のマウスはトラックボール式である一方でワイヤレスタイプでもあるため、一旦マウスを置くことさえできれば、どんな場所でも操作が可能となります。

 

二つ目が、カーソルを速く移動させることができるという点です。

 

これにより生じるメリットとしては、ウインドウの全画面切替などでドラッグを行う際に、ボールをはじくだけで操作を完了できます。

 

これまでいくつかメリットを紹介しましたが、当然良い点ばかりではございません。

というのも、親指でカーソルを操作する、という行為に慣れるまでに2週間程度を要するという部分です。
ただ、慣れてしまえばもう通常のマウスには戻れません。皆さんもぜひ、検討されてはいかがでしょうか。